スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

締めのご挨拶

今晩は、テレビでも見ながらダラダラと年越しをするつもりですので、これで今年の最後の更新とさせていただきます。

膨大なネットの海の中を漂って、こんな零細なブログを閲覧してくださっている方々、今年もどうもありがとうございました。

まだ、しばらく続けるかと思いますので、よろしければお付き合いくださいませ。

スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 管理人日記
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-31 : 徒然なるままに(雑記) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2011年アニメアウォーズ!

『おちゃつのちょっとマイルドなblog』さんより、『2011年アニメアウォーズ!』のお誘いをいただきましたので、参加させていただこうと思います。

2007年に始まったこの企画も、なんと今回で5年目。
そして、私が参加させていただくのも5回目となります。

もうこのブログも、5年続けているのか……。


要領については、以下の通りとなります。

~2011年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)

※注意事項等
・2011年のTV放送分が対象。過去作の再放送は対象外。OVAや劇場版なども基本的には対象外です。特に紹介したい場合、部門を別に作っちゃってください(OVA部門、など)。
・年をまたいでいる作品、未完作品などに関して選考対象にするかどうかはおまかせします。
・何を選んだかだけでなく、選考理由等も書いて魅力を語ってください(ただし致命的なネタバレは書かないようご注意を。)
・投票企画ではありませんので集計はしません(世間的評価は気にせず自分の好みで選考してください)。締め切りもとくに設けません。年あけてからの参加も歓迎です。でも2月以降になると企画の旬は過ぎちゃうかも...。

(以上、『おちゃつのちょっとマイルドなblog』さんより転載)

なお、私が対象とするのは、2010年秋開始の2クール以上の作品から、2011年秋開始の1クールの作品とさせていただきます。


続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-29 : 徒然(アニメ・漫画2011) : コメント : 2 : トラックバック : 7
Pagetop

ネギま!「348時間目」

【今週の感想】

敢えて、婉曲的ではなく直截的な表現を用いますが、「不愉快」です。



やっていることは、「衆人環視の中で、無理矢理パンツを脱がせる事」と大差ない、と言うか、そのものと言っても差支えないのではないでしょうか。
さすがに今回ばかりは、悪ふざけの範疇を超えてしまっていると言わざるを得ません。


これ以上、今回の内容について触れることはないでしょう。
何しろ、一度しか読んでいませんし、読み返す気も起きませんので。



文句なしで、「私的ネギま!ワーストエピソード賞」です。
今年の最後のエピソードが、このような内容であったことが残念でなりません。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-27 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 3 : トラックバック : 2
Pagetop

Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴

主人公がセリフはおろか、姿さえ現さないとか、最終回にあるまじき平常運転。
よもや、その時間のほぼ全てを、ライダー陣営とキャスター陣営のやり取りだけに費やすとは(笑)。

切嗣だけではなく、綺礼もギルも全く出てこないし(この二人が出てこないと、何だか物足りない)。

分割2クールの1クール目の終わりとは言え、曲がりなりにもテレビ欄には「終」マークが付くのだから、てっきり、何らかのアニメオリジナル要素を差し込んで「続く」にするのかと思いきや、セイバーが、キャスターの召喚したタコお化けに斬りかかるところで締めるという、いわゆる「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わってしまいました。

別に内容に不満があるのではなく、三か月待つのが辛いというだけなんですけれどね。
原作既読で、この先の展開も分かっている訳ですし。



まあ、これを「最終回」として考えずに、ただの第十三話として語るならば、今までイマイチ描写の不足していた、龍之介とキャスターのシーンが十分に出てきたのは良かったですね。

「これが人間のやることかよ!」には、心の中で全力でツッコミを入れさせてもらいましたしね。
「お前が言うな」「それは、人間ではなく英霊(サーヴァント)の仕業です」「人間にぞっこんな神様の脚本の成果です」云々。



そして、相変わらず、イスカンダルとウェイバーのライダー陣営は、セイバー陣営から借りた『Zero』という軒先から、母屋を取るがごとく、主役街道をばく進しています。
さすがは征服王、物語の主導権まで略奪するつもりのようです(笑)。

今回スポットが当たっていた、ライダー陣営とキャスター陣営は、狙ったものなのかどうなのか、とても対照的な存在として描かれていた気がします。

キャスター陣営はジルにしても龍之介にしても、その眼は未来を見ていない、刹那的な存在として描かれますが、ライダー陣営は、イスカンダルがウェイバーに「この聖杯戦争は、お前の人生の最大の見せ場というわけではあるまい」と、未来へ目を向けるように諭すさまが描かれます。



さてと、続きは来年の4月。
その時の私に、ブログを書く気力が残っていたら、また感想を書きたいと思います。

それでは、またの機会に。



-84:30:14

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-25 : 徒然(アニメ・漫画2011) : コメント : 1 : トラックバック : 1
Pagetop

Fate/Zero 第十二話 聖杯の招き

今回は、『stay night』へと繋がる会話回。

Aパートのセイバーとアイリスフィールのやり取りは、主人公サイドへと繋がり、Bパートのギルガメッシュと綺礼のやり取りは、ラスボスサイドへと繋がります。



Aパートで、武家屋敷(後の衛宮邸)と土蔵を出てきたのを見たら、昔居た場所に戻ってきたような、懐かしさのようなものを感じてしまいました。
時系列的には逆で、こっちが先なんですけれどね。

ここの土蔵でアイリスフィールに魔法陣を描いたせいで、10年後にセイバー自身が召喚されようとは、描かされているセイバー本人には知る由もないのでした。
結果的に、衛宮士郎とセイバーの魂を救済する先鞭をつけていたのは、アイリスフィールだったというオチなわけですね。



Bパートは、延々とギルガメッシュから綺礼への熱烈なラブコール(笑)が描かれました。

「おい貴様、令呪が復活しているじゃないか。しかし残念ながら、令呪があってもサーヴァントがいないと、聖杯戦争には復帰できないけどな。どうしても復帰したければ、倒しやすそうなマスターを一人殺っちゃて、そいつのサーヴァントを奪うしかないなぁ。(盤上のアーチャーの駒の前の駒を倒しつつ)我様の記憶が確かならば、貴様を信じきっている、お人好しのマスターが一人いたような気がするんだけれどなー」(以上意訳)

凛パパ危ない、超危ない。


それにしても綺礼は、ギルガメッシュに誘惑されなかったら、歪んでいるなりに、それなりに真っ当な聖職者として、生涯を送ったのでしょうか。
それとも彼は、ああいう生き方しかできずに、ギルガメッシュに合わずとも、いつかは昏い道へと堕ちていく運命にあるのでしょうか。
その辺り、ちょっと興味があります。



-90:56:24

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-18 : 徒然(アニメ・漫画2011) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。