FC2ブログ

UQ HOLDER! Stage.7

いきなり新東京、UQホルダーアジトに到着。
今までの徒歩移動に、果たしてなんの意味があったというのか。

アジトが温泉旅館って、『ラブひな』じゃあるまいし。
それも、むくつけき男どもばかりの温泉旅館とか、出されても嬉しくもなんともないのですがね(笑)。

そもそも、どう見てもカタギでない連中ばかり揃えておいて、「不死の力を世のために使う」とか言われても、にわかに信じ難いと言いますか何と言いますか。
エヴァは「闇の一族の生存圏確保のため戦おう」とか言ってますし。
うん、まあ、アブナイ連中を野放しにしておくと、何をしでかすか分からないから、手元に置いておいた方が安全だと考えれば、それはそれでなんとなく理解はできそうな気もします。
でも、やはり危険そうだから壊滅させたくなりますね。
だからこそ、温泉旅館を隠れ蓑にしているんでしょうけれど。


UQホルダーに入りたいという刀太(と巻き添えの九郎丸)は、入団テストとして新東京地下に落とされて8年以内に出てくれば合格と、真壁源五郎(命の残機制・ゲーム脳)。
さすが不死人、時間感覚がおかしい。
これで本当に8年かけて出てきたら、刀太の友達がみんな大人になってしまいます。
なので、そんなには掛からないでしょう。
いや、別に掛かってもいいですけれどね?
むしろ、テーマ性を考えれば、一気に時間が過ぎて、刀太が周囲から取り残される方が良いのかも知れませんし。

刀太と九郎丸が落ちた先で、何故か待ち受けていたのは、自称UQホルダーのリーダー、宍戸甚兵衛(神魔妖怪の類・宇宙空間でも咥え煙草)。
どうしてこの人は、リーダーなのに腹が減るほどの時間、ずっと地下に潜っているのやら。
とりあえず、次回以降は彼が、色々と教えてくれることでしょう。

真壁源五郎、宍戸甚兵衛、飴屋一空とUQホルダーのメンバーは、名前が古風な感じな面子揃いですね。さすが不死人、ずっと昔から生きているということでしょうか。
夏凛は、それほど古さは感じませんが(70年後には古い名前なのかもしれませんが)。



それにしても、軌道エレベーターは、『ネギま!』のラストでは、麻帆良市の世界樹の真横に建設していたはずですが、世界樹の影も形もありませんね。
『ネギま!』で、明日菜が目覚めた西暦2135年の世界では、軌道エレベーターの横に、ちゃんと世界樹らしき巨木が植わっていたのですが。

『UQ』の舞台が西暦2086年の日本だとすると、単純に『ネギま!』の未来の話というよりは、どこかで枝分かれした、平行世界の話と捉えるべきなのでしょうか。

もしくは、実は地球と信じ込まされているこの世界は、別の何か、例えば『ネギま!』における火星と魔法世界の関係のような、位相をずらした別世界だったりするとか。


そういえば九郎丸は、軌道エレベーターを経由せずに、直接山中に降りたとか言ってます。
一体こいつは、どうやってこの世界にやってきたのでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : UQ HOLDER!
ジャンル : アニメ・コミック

2013-10-13 : UQ HOLDER! : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです