スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

箱庭幻想

本当は、凄まじい長文になるネタなのですが、
全てを語る余裕が今は無いので、
とりあえず、要点だけ手短に書き留めておこうと思います。

まず、大前提として。

私は、今の『ネギま!』の展開をとても楽しんでいます。

『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』といった、
大作コンシューマーRPGをリアルタイムで体験してきた身としては、
今の展開は、たまらなく熱いです。


しかし、同時に面白くないとも思っています。



何故、こんなアンビバレンツな事が起こりうるのでしょうか?

それは、私が『魔法先生ネギま!』という漫画が、
ネギ・スプリングフィールドという少年魔法使いが、
「日本で先生をやる事」を通して、
一人前の魔法使い、ひいては“マギステル・マギ”の高みに、
到達するべき物語だと考えているからだと思います。

今のネギ少年は、そこから明らかに逸脱していると思えるのです。


ネギ少年が、麻帆良学園という、
ある種完成された箱庭世界に飛び込む事によって、
この物語は始まっています。

そうである以上、彼には麻帆良学園に潜む謎を突き詰めて行き、
その結果として、魔法世界に到達して欲しかったのです。

言いかえるならば、『魔法先生ネギま!』は、
徹頭徹尾、麻帆良学園に殉じて欲しかったのです。

少なくとも、安易な旅行感覚で、
魔法世界に足を踏み入れて欲しくは無かったのです。



つまるところ、私が言うところの「面白くない」は、
「つまらない」のではなく「愉快ではない」という事になるかと思います。



これは、私が『魔法先生ネギま!』という物語が、
「少年が閉じられた世界から広大な世界へと旅立つ物語」とは真逆に、
「少年が箱庭的世界に飛び込んで行く物語である」と考えている事に
依るものなのだと思います。



何と言うか、物語の流れとしての美しさを感じられないんですね。

「楽しいのに面白くなく感じる」
なかなかに不思議な感覚を味わっている、今日この頃です。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-01-31 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。