ネギま!「209時間目その3」

注1:「豊饒なる方丈」からの転載です。

注2:2008年4月14日時点での、単行本未収録部分のネタバレです。

「まとめてから書けよ」と言われそうですが、
「思いついたときに書く」というのが、一応信条なもので(笑)。



千雨は“エヴァの巻き物”に、短剣を突き立てようとした。

そして、明日菜なら短剣を突き立てようとしなかっただろうと思った。


私はそのように「その2」で書きました。



しかし、もしこの想定が合っていたと仮定したとして、
この二人の行動に優劣は存在するのでしょうか?



私の考えは、「優劣は存在しない」です。



何故ならば、短剣を突き立てようが突き立てまいが、
「相手(ネギ)を大切に思っている」という一点においては、
全く変わりはないと考えるからです。



要は、「どんな形であれ居て欲しい」のか、
「どんな形であれ受け入れる」のかという、
微妙な差しかないような気がします。

まぁ、そこにさらに「相手の意思をどのくらい尊重するのか?」
という観点を加えると、おのずと答えは変わってきますが、
難しいし面倒なので(笑)、これ以上深くは踏み込まないでおきます。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-04-14 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです