スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「213時間目」

注:2008年5月16日時点での、単行本未収録部分のネタバレです。

1.えっちが“インフレ”してるよ。

2.っぱりすっきり、正々堂々。委員長キャラは、かくあるべし。

3.トなのか、それとも魔族なのか、総長は?

4.くな試練も無く明日菜達が、早くもオスティアに到着。

5.れ? 169時間目の明日菜の夢の場所って宙に浮いてましたっけ。

6.っぱり明日菜の故郷はオスティアでファイナルアンサー?

7.モとパルとアーニャは、放置のままですか?



誰も突っ込んでくれなかったので、自分でネタばらし。

……虚しい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回は、逐条解説方式で行かせていただきます。



1.ゆえっちが“インフレ”してるよ。

とりあえず、前回で夕映が、
既に自分用の“始動キー”を作っていた事に驚いた訳ですが、
いかんせん記憶を取り戻す前に作ってしまったため、
「スキ・スキ・ダイスキ・ネギセンセ」
にならなかった事が、残念でなりません(笑)。

学生が在学中に“始動キー”を持ち、
比較的高いレベルの攻撃呪文を使用できる事については、
夕映の身を寄せている場所が、魔法騎士という、
戦闘に特化した魔法使いを養成する場である事から考えて、
ネギの在学した魔法学校とは同列と考えるべきではないのでしょう。

しかし、色々なサイト様で指摘がなされておりましたが、
「“白き雷”は、やり過ぎ」だと私も思いました。

“白き雷”は、天才少年魔法使いネギにとっても、
日本に来る前に覚えた9つの戦闘用呪文のうちでも、
7番目に覚えたらしく、相当程度に高度な呪文と考えられます。
(なにしろネギは、リョウメンスクナに対しても、超に対しても、
最後の切り札としては、6番目の“雷の暴風”を使用しています)

あそこは、せめて“魔法の射手・雷の一矢”程度にしておいて、
短剣を避雷針代わりに打ち込んでして、
鷹竜を痺れさせる程度にしておくべきだったかな、と思いました。

もっとぶっちゃけた言い方をすれば、
「孔明が酔って暴れる張飛を、一発殴っただけで黙らせる」
くらいの違和感を感じたという事です。

あ、「オクタヴィアヌスが、アグリッパ抜きで戦に勝つ」でもいいです。

バトルで自らの手で決定打を打つポジションは、
いくらレベルが上がっていても、
夕映には似合わないといいますか……ね。



2.きっぱりすっきり、正々堂々。委員長キャラは、かくあるべし。

私が、委員長キャラに求めるものは、
「例え自分に不利になろうとも、筋を通さないと我慢がならない」
という“不器用さ”に有ります。

そういう意味で、自分が賞賛されるのをさえぎって、
ママのお腹の中にいた頃からのファンであろう(笑)、
生ナギに会えるかもしれない機会を夕映に譲ろうととする、
エミリィの行動は、非常に高感度の高いものなのです。

もうこれは、好みの問題です。



3.ヒトなのか、それとも魔族なのか、総長は?

とりあえず、あの角だか髪だか判別の付かない、
頭が気になって仕方がありません。

かのヘルマン伯爵も、ヒトとしての姿の時の変な髪型が、
魔族としての真の姿を現した時には、
そのまま角の形に反映されていましたし。

そして何より、
「学ぼうとする意志と意欲を持つ者なら
例え死神でも受け入れる」
というアリアドネーの国是です。

魔族ではなく、これまで一度も話に出てこなかった、
死神をわざわざ引き合いに出しているのは、
逆説的に都市国家としてのアリアドネーが、
魔族を受け入れている事を意味しているように思えてなりません。

この総長は、後々ストーリーに関わって来そうな感じがします。
今回限りの一発キャラにしては、デザインに気合いが入ってますし。



4.ろくな試練も無く明日菜達が、早くもオスティアに到着。

まあ、明日菜にとっての本当の試練は、
これからか始まるのでしょうから、
とりあえずは、一番乗りが理想的だったのでしょうね。



5.あれ? 169時間目の明日菜の夢の場所って宙に浮いてましたっけ。

これは、廃都オスティアを擁したウェスペルタティア王国が、
『ファイナルファンタジーⅢ』の浮遊大陸並の大きさなら、
宙に浮いているのだかどうだかは、あの夢だけでは判断できませんね。



6.やっぱり明日菜の故郷はオスティアでファイナルアンサー?

アスナ・ウェスペリーナ・テオタナシア・エンテオフュシアが、
明日菜の本名だとすれば、彼女の故郷がウェスペルタティア王国の首都、
オスティアである事に不自然な点はないでしょう。

あとは、何故“南北に分かれての大戦”で、
「歴史と伝統だけが売りの小国」(byクウネル)、
ウェスペルタティア王国だけが滅亡する事になったのか?
についてですが、一応考えている事はありますが、
長くなるので別の機会を持ちたいと思っています。



7.カモとパルとアーニャは、放置のままですか?

とりあえず、カモは雪山だか極地だかでお花畑を見ていようです(苦笑)。
普通、一か月もあんな所にいたら死にますが。

ハルナとアーニャは全くの所在不明。
ネギたちに通信もしてこないという事は、
通信手段の遮断されている場所にいる可能性が高いのでしょう。

そうすると、朝さよ茶々の世界一周ルートでは、
探索できない可能性が高いかもしれません。

あのルートは、基本的に大都市間を結ぶ仕様になっている上、
アリアドネーを外してしまっているというザルですので。

ここが、タカミチ&隊長の出どころでしょうか?







ところで22巻のカバーを取ると、

「変装していない夕映が指名手配で捕まらないのはなぜ?」
という問いについて、

「学術都市アリアドネーでは、
学ぼうという意思のある者を捕える事は禁止されています。
(中略)
夕映なら一生捕まることは無さそうですね。(笑)」
と回答していますが、「都市国家アリアドネーの国法」は、
当然アリアドネーの領国内でのみ適用されることになり、
国境を越えた時点で、外国の国法が適用になるはずなので、
正体がバレた時点で、逮捕されると思うのですが……。

いや、外交官特権等で不逮捕権を持っているのなら、
話は別ですが、ただの学生にそんな特権は普通ないでしょう。
ましてや、国外に認めさせるほどの説得力は持たないでしょう。

何しろ、“国際”指名手配なのですから。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-05-16 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 7 : トラックバック : 2
Pagetop
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN07 «  ホーム  » ネギま!「213時間目:箇条書き版」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
他サイト様更新記事
方丈にて徒然なるままにさん ネギま!「213時間目」 >7.カモとパルとアーニャは、放置のままですか? これが気になるんだよなぁ。 こ...
2008-05-16 21:14 : ネギズ
ネギま!関連サイト巡回(05/16)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「213時間目」」 き・・・気がつかなかった^^;・・・ >しかし、色々なサイト様で指摘がな...
2008-05-16 22:35 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

夕映の白き雷について
ネギが7番目に白き雷を覚えたことを、夕映が白き雷を使うことの矛盾点として挙げるのは間違っていると思います。なぜなら、ネギが白き雷を雷の暴風の後に覚えたのは父親ナギへの憧れからであり、レベルで考えれば雷の暴風のほうが白き雷よりも上のレベルなわけです。というのも、雷の暴風は雷と風の複合魔法であるからです。つまり、ここでネギのことを例に挙げてしまうと夕映が雷の暴風なら使うことができてもおかしくはないということになってしまうのです。
2008-06-03 11:03 : AT-max URL : 編集
AT-maxさんへ
ご指摘ありがとうございます。

>ネギが7番目に白き雷を覚えたことを、夕映が白き雷を使うことの矛盾点として挙げるのは間違っていると思います。

確かに「ネギの覚えた順番=魔法のレベルの高さ」では、有りませんね。

しかし、雷の暴風が雷と風の複合魔法という設定は、どこかで説明されていたでしょうか?
私は雷の暴風の「暴風」を、「暴風のように荒れ狂う」というような、形容詞的な意味でとらえていたのですが……。
2008-06-03 22:33 : 筈木 URL : 編集
追記です
単行本の解説を確認したところ、雷の暴風は、「雷精、風の精」を召喚する事になっていますから、複合していると言っても良さそうですね。

逆に、単行本を読み返してみて、ネギがナギに憧れてて雷の暴風を覚えたとすれば、ナギが「6年前」に使っていた雷の斧の方も覚えなかった事に矛盾を感じたですが……。
2008-06-04 00:17 : 筈木 URL : 編集
雷の暴風について
雷の暴風は風と雷の複合魔法として捉えて間違いはないでしょう。その根拠としてまず第一に、雷の暴風の呪文詠唱が「来たれ雷精、風の精。雷を纏いて(まといて)吹けよ南洋の嵐。『雷の暴風』」となっていることが挙げられ、第二に魔法の説明の雷の暴風の欄に「強力な旋風と稲妻を発生させ、敵を攻撃する魔法」と明記してあるからです。(原作第3巻、巻末の‐ネギま!呪文語彙集‐を参照)
いかがでしょうか。
2008-06-04 00:34 : AT-max URL : 編集
雷の斧について
こちらは私の個人的見解なのですが、幼いときにネギの心に強く残ったのが「雷の暴風」だったためではないでしょうか。なにしろド派手ですし、ナギが最後におよそ何百(千?)もの敵を吹き飛ばしていますから。(原作8巻、ネギの記憶を参照)
さて、あとはやはり後々の展開のためでしょうか。実際雷の斧は、ナギのことを知っている人物(エヴァンジェリン)に無詠唱サギタ・マギカとのコンボで教わっていますしね。
2008-06-04 00:54 : AT-max URL : 編集
AT-maxさんへ
もう、夜も更けておりますので、続きはまた後日改めてという事にさせてください……。
2008-06-04 01:31 : 筈木 URL : 編集
AT-maxさんへ
本当に日が改まり過ぎで申し訳ありません。

少し単行本を読み返してみたのですが、17巻でカモが雷の暴風が、炎の単独魔法である(と推測される)燃える天空より「威力が劣る」と言っていますよね。

あと17巻の魔術語彙集で、「超の燃える天空は、エヴァの「こおるせかい」と同種の魔法だが、温度を上げるということは、極低温を引き起こすのに比べれば、やや難易度が低い」とあり、同等レベルの魔法でも、その属性によって難度に差がある事が示唆されています。

そうした事を考慮すると、「複合魔法=レベルが高い」とひとくくりする事には、少し疑問を感じます。
2008-06-08 07:01 : 筈木 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。