スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「215時間目:細かい話は後回し」

注:2008年6月4日時点での、単行本未収録部分のネタバレです。

フェイトの目的は“世界を救う”こと。



これはまあ、予想通りの答えと言えなくも有りません。



クウネルの言ったという、「奴らは世界を終わらせるつもりです」とも矛盾は起こさないでしょう。



何故ならば、この漫画には“世界が2つ有る”のですから。



『ファイナルファンタジー』を例にとれば『IX』のガーランド。

彼は、自らの星“テラ”を救うため、物語の舞台となる“ガイア”に“テラ”を寄生させようとします。
(これは結果的には、“テラ”を救うために、“ガイア”を滅ぼそうとしている事になります)



他作品の例を挙げるとすれば、『テイルズ・オブ・ファンタジア』のダオス。

彼は、自らの星“デリス・カーラーン”を救うため、物語の舞台となる世界にある“世界樹ユグドラシル”の力を利用とします。
(結果的に、自分の属する世界を救い、他の世界を滅ぼす事に繋がります)



“世界が2つ有る”という状態においては、「世界を救う」という言葉にも、その言葉を発する者の属する立ち位置によって、意味が異なってきます。



世界Aと世界Bが並立していたとします。

世界Aに属する場合、Aを救う事によって結果としてBが滅んでも、世界を救った事にはなります。
逆もまた然りです(AとBを置き換える)。

こうすると「世界を救う」「世界を終わらせる」という言葉のあいだに、矛盾は生じなくなります。



とりあえず今回は、そういう“視点”の話などを。



他にも書きたい事は有りますが、時間も限られていますし……ね。

「魔法世界は、どうやら南北が逆に扱われているようだが何故か?」とか。

「ネギは、明日菜に何を飲ませたのか?」とか。

「ラカンだけが魔法世界に留まったのは何故か?」とか。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-06-04 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
追悼 «  ホーム  » D.C.II S.S. 第9話
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(06/04)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「215時間目:細かい話は後回し」」 >何故ならば、この漫画には“世界が2つ有る”のですか...
2008-06-04 21:14 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。