ネギま!「219時間目」

注:2008年7月12日時点での、単行本未収録部分のネタバレです。

え~、取り敢えずは、生きてますので(苦笑)。


“闇の魔法”の言うところの“闇”とは、どうやら“正規の手法では無い=裏技的”という意味合いが強いようで。

少なくとも“闇属性の魔法”という意味合いは、込められていないように感じました。

手法としては、「攻撃魔法を術者自身の身体にかけて、本来ならば体外に放出されるべき魔力を自らの身体の裡に籠らせ、一時的に身体能力を大幅に増強させる」と言ったところでしょうか?

一種のドーピングですな。
すごく健康に良くなさそう。

「良くなさそう」と言うより、不死の存在であるエヴァですら使わなくなったようなので、本当に健康に良くないのでしょうね、おそらくは。



明日菜の魔法無効化能力は、無意識レベルでに自身に害のある魔法かどうかを選別して、受け入れるかキャンセルするかを決定する能力のようなので(そうでないと、回復魔法もキャンセルしてしまう)、術者自身に攻撃魔法をかけて能力増強を図っていると思われる闇の魔法とは、とても相性が悪そうですね。

おそらくキャンセルしようとしたら、ネギ自身の身体に剣を突き立てなければ、キャンセルできないのではないでしょうか?



「奴ぁ相性が良すぎんだよ だからやべぇんだ」
「あのガキの根っこ 心の原風景にゃ 闇が巣くってんのさ」
byジャック・ラカン(ネギと闇の魔法との相性について)

戦闘シーンの最中に、ラカンが“ネギの心の原風景”について語るシーンを挿入し、その前のページで闇の魔法を駆使するネギに対し、のどかが背筋に寒い感覚を覚えるシーン(ビクッ‥)を見せている。

ページ構成的には見開きになっており、読者視点では「闇の魔法を駆使して戦うネギ」「その姿に恐れを感じるのどか」「ネギの心の原風景に巣くう闇について語るラカン」という、三人の姿が描かれる(見開きとなっているため、同時に三通りの情報が読者の目に触れるように構成されている訳です)事によって、「後々にネギが闇の魔法に取り込まれてしまう展開があった場合に、のどかがネギの“闇の巣くう心の原風景”に触れて、サルベージを行う展開がありうることを暗示している」と捉えるのは、穿ち過ぎでしょうか。

何しろ、他者の心の領域に触れる事ができる能力者は、のどか唯一人ですし。





それにしても、「黒い猟犬」の魔族の人にしても、ヘルマン卿にしても、この漫画に出てくる魔族は、妙に愛嬌があるキャラクターとして描かれていますね。

そして、二人とも雇われの身であるという共通点。

この辺の設定にも、何か特別の意味合いがあるのでしょうか。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-07-12 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN14 «  ホーム  » ネギま!「Present from ...」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(07/12)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「219時間目」」 >一種のドーピングですな。 >すごく健康に良くなさそう。 オリンピック...
2008-07-12 08:36 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです