スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「221時間目」

注:2008年8月3日時点での、単行本未収録部分のネタバレです。

少々旅に出ていたので、今回は大幅に予定を繰り下げてお送りいたします。



“新オスティア”に、ネギの故郷の村にあった英雄像が、鎮座しているという事は、彼らは北の新しき民の英雄であり、推測するに新しき民が“旧世界”から“魔法世界”へ移住する際に、重要な役割を担った人物なのかも知れませんね。



それにしても、前回ラカンが「ウェスペルタティア王国は、この世界の文明の発祥の地」との主旨の事を言っていましたので、元々魔法世界に住む古き民の国だったと思われますが、その王家の姫であるアスナの容貌は、古き民のそれではなく、新しき民の様であるのは何故なのでしょうね?

まあ、今は解答の出しようもない疑問ではありますが。



19巻169時間目の明日菜の夢で、ウェスペルタティア王国を攻めていた兵力が、今回の解説で北の新しき民の“メセンブリーナ連合”のものであった事が判明しました。

しかし、そのメセンブリーナ連合の兵力を、“北側”の人間であるはずのナギ達が壊滅させていたという事は、実に興味深い話です。

つまるところ、この時点での紅き翼は、既に北のメセンブリアーナ連合と南の“ヘラス帝国”の戦いが、秘密結社“完全なる世界”が後ろで糸を引いているという事に気が付いており、北側の立場からフリーの立場になっていたという事になるのでしょう。



しかし、ウェスペルタティア王国は、これまでの解説から推測すると、元々は南の古き民の王国であったと思われますが、新オスティアにヘラス帝国の皇族が10年ぶりにオスティア祭に訪れるという事は、現在のオスティアは、北のメセンブリーナ連合の管理下にあるという事になります。



「“先住民族の文明の発祥の地”が、現在は後から移住してきた民族の管理下にある」

これ、無茶苦茶戦争の火種フラグですよね。



以上、バカピンクこと佐々木まき絵さんの解説を元にして、お送りいたしました(笑)。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2008-08-03 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN17 «  ホーム  » 木(BlogPet)
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(08/03)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「221時間目」」 >これ、無茶苦茶戦争の火種フラグですよね。 これ、ネギま!じゃなかっ...
2008-08-03 08:30 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。