スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「163時間目」

マイ・パソコンの中に残っていた、旧ブログの記事の下書きを元に、過去の記事の復元を行いたいと思います。
正月休みくらいしか、こんなこと出来る時も無いので(笑)。

※なお日付は、下書きデータの記録日としておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は、この漫画が好きで毎週マガジンを買って読んでたりします。
と言う訳で、少しばかり感想……と言うか思い付きを書き留めておきます。



◆老賢者(ぶっちゃけると神話などで主人公に助言やマジックアイテムなどをくれる人)

「だが奴は死んだ。10年前にな」(エヴァンジェリン:26時間目)

「彼は10年前、突然姿を消す……。
彼の最後の足取り、彼がどうなったのかを知る者はいません。
ただし、公式の記録では1993年死亡――」(近衛詠春:53時間目)

「彼は今も生きています。私が保証しましょう」(クウネル・サンダース=アルビレオ・イマ:163時間目)


今週号のマガジンを読んで、この漫画は、ネギが大きな障害に遭遇し乗り越えるたびに、父ナギ(サウザンドマスター)ゆかりの人物が現れて、ナギについて語ると言う物語構造を持っているのだと、やっと気づきました。

しかも、エヴァ>詠春>クウネルの順に、死亡>生死不明>生存と言う感じで、核心に向かって、ご丁寧にもランクアップ(?)していきます。

さらには、
「京都へ行ってみるがいい。どこかに奴が、一時期住んでいた家があるはずだ」(エヴァ:26時間目)
「英国はウェールズへ戻ると良いでしょう。あそこには魔法世界…ムンドゥス・マギクスへの扉があります」(クウネル:163時間目)などと、次に行くべきところも教えてくれています(ドラクエの王様みたいですね)。

彼らは、いわゆる「老賢者」だったんですね。


さて、次の長編シリーズが終わった後に出てくるのは、ナギパーティーの中の、大きい人と小さい人のどちらでしょうか?



◆アナザータイプ?

ナギが、まだ見ぬ息子(ネギ)への「動く遺言」をクウネルに託したと言うくだりが117時間目に有りますが、これまで「魔法使いが死んだらカードも死ぬんだから、この設定は矛盾しているのではないか?」と思っていたのですが、どの魔法使いと契約しても、従者には、同じアーティファクトが授けられると考えれば、矛盾しないんですね。
つまり、仮にナギが死んでいても、クウネルが他の魔法使いと契約すれば、「動く遺言」は生き続けると。

クウネルは、死んでいるカードを少なくとも12枚は持っているようですから、まさか、それら全てに違うアーティファクトが出てきていた、とは考えにくいでしょうしね。

複数持っていると、武装錬金のアナザータイプみたいなアーティファクトが出たりするんでしょうか?
(イノチノシヘンアナザータイプとか)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※2009年1月1日、旧ブログ下書きデータより復元。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2007-01-25 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。