CLANNAD 第5回

朋也が“風子マスター”への階段を、
着実に昇っております(笑)。

clannad5a






椋「私が岡崎です、女になりました」
椋「たまに取れるんです」
風子「岡崎さんが二人います!」
朋也「たまに分裂するんだ」
clannad5b

ここまでギャグパートを
忠実に再現するとは、思っていませんでした(笑)。

しかし前回と言い今回と言い、
実は一番弄られてるのは、風子ではなく椋。


それにしても、杏は「さっきからずっと見ていれば」と言っていましたが、
だったら辞書を投げる前に、途中で止めれば良いのに(笑)。



今回は、次回へのつなぎ的側面が強いので、
あまり話は進展しませんでしたね。

その分ギャグパートの再現度が半端ではないレベルで、
30分間腹が痛くて仕方がありませんでしたが(笑)。



しかし、一晩中風子に付き合ってヒトデ(星ではない)を
彫り続ける古河家の人々は良いです。
clannad5c

客観的に見て、バカバカしくて無意味な行為ではありますが、
こういう事をクソ真面目にやれる人達の家族になりたいと、
朋也ならずとも、私もそう思います。

一晩中黙々と、彼等と一緒に、
ヒトデを彫っているのも悪くはないかな~と。




clannad5d

貴重な休日に、わざわざ風子のための模擬授業に付き合ってくれる、
春原達と、早苗さんは本当にお人好しですね。

確かに現実世界を舞台にした、非ファンタジーの物語ですが、
ある意味彼らの存在自体が、ファンタジーと言えなくもない気がします。

しかし、ここで早苗さんの手慣れた授業進行の様子と、
渚の意味深な表情をあえて見せるという事は、
やはり、“アフター”の内容もしっかりアニメ化するんですね。
ゲームならではの分岐を、どのようにまとめて構成するつもりなのか、
今から早く後半のストーリーが見たくて仕方がありません。



やはり、この作品は“アフター”があってこその作品だと思いますので。




最後に一言。
今回は、智代の“黄金の右足”が
無かったのが物足りませんでした(笑)。

テーマ : CLANNAD
ジャンル : アニメ・コミック

2007-11-02 : 徒然(アニメ・漫画2007) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです