スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「木乃香の祝詞」

マイ・パソコンの中に残っていた、旧ブログの記事の下書きを元に、過去の記事の復元を行いたいと思います。
正月休みくらいしか、こんなこと出来る時も無いので(笑)。

※なお日付は、下書きデータの記録日としておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

木乃香の氣吹戸大祓(いぶきどのおおはらへ)について(21巻188時間目より)。


氣吹戸大祓

高天原爾留坐(たかまがはらにかむづまります)
漏伎漏彌命以(かむろきかむろみのみことをもちて)
皇等前爾白久(すめがみたちのまえにまうさく)
苦患吾友乎(くるしみうれふわがともを)
護惠比幸給閉止(まもりめぐまひさきはへたまえと)
藤原朝臣近衛木乃香能(ふじわらのあそんこのえこのかの)
生魂乎宇豆乃幣帛爾(いくむすびをうづのみてぐらに)
備奉事乎諸聞食(そなえたてまつることをもろもろきこしめせ)



最初の2行(高天原爾留坐 漏伎漏彌命以)は、実在の大祓詞の出だしの「高天原爾 神留坐須 皇賀親 神漏岐  神漏美乃 命以知氏(たかまノはらに かむづまります すめらがむつ かむろぎ かむろみの みこともちて)」のアレンジと考えて良いと思われます。

“氣吹戸”の神とは、氣(つまり生命)を吹き込む働きの神で、血液を清浄にするのも、すべてを新生させる力を持つとされています。

“皇神等”は、天照大神をはじめとする皇室の祖先神とみなしてよいでしょう。

“前爾白久”は、「御前で申し上げます」。

“集侍吾友等乎”は、「集っている私の友達に」。

“護惠比幸給閉止”は「守護と恩恵と幸運を下さい」。

“藤原朝臣近衛木乃香能”は近衛家が平安時代末期に藤原基実(1143~1166)が、「近衛」と称されたことにより始まった呼び名であり、あくまでも本姓は藤原であることから、そう名乗っていると思われます。

藤原“氏”が姓で、近衛“家”が苗字なのですが、明治初期に公文書での姓の使用が禁じられ、藤原氏もほかの氏族も姓ではなく苗字を名乗るようになったため、現在では、姓と苗字の区別がつかなくなってしまいました。

上記の事情で、現代の“藤原さん”は苗字であり、姓ではないので、基本的に近衛家をはじめとする“藤原氏”とは無関係だと考えても良いでしょう。

他に歴史上の有名な一族の、姓と苗字を挙げますと、平信長=織田信長、豊臣秀吉=羽柴秀吉、源家康=徳川家康、菅原利家=前田利家などが挙げられるでしょうか。

ちなみに、姓は天皇から賜るものですが、苗字は自分で勝手に名乗れるという違いもあります。

さらに豆知識を付け加えますと、現在の実在の近衛家当主は、細川護熙元首相の実弟の忠氏です。

木乃香の祝詞での名乗りですが、“藤原朝臣木乃香”で十分だと思うのですが、何であんな長い名乗りにしたのかは、赤松さんにでもお聞きしないと分りませんね(笑)。

“能”は解説するまでもありませんが、助詞の“の”の当て字ですね。

“生魂(いくむすび)”は四魂の一つ、生きた人の魂(生魂・いくたま)の事と思われます。
「生魂」…生魂・足魂(たるたま)・魂留魂(たまとまるたま)・真澄魂(ますみたま)の四魂の生魂のことで「四魂の動き、結びて力を生ず。愛を生み、氣を生む」

魂を“むすび”と読むのは、『古事記』『日本書紀』に出てくる造化三神にちなんでいるのではないでしょうか。
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)=最初に出現した神。宇宙神と思われる。
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)=次に出現した神。
神産巣日神(かみむすびのかみ)=次に出現した神。
ちなみに、この三神は“独り神”と呼ばれ、性別が無いとされています。
『日本書記』では、“むすび”に産巣日ではなく皇産霊と当て字をしていますので、魂を“むすび”と読むのはかなり古い形なのでしょう。

“宇豆”は、「尊いこと・珍しいこと」の意のです。

“幣帛”は、「ここ」と関連リンクを見れば、一発で分ります(手抜)。

これを組み合わせますと“宇豆乃幣帛爾”とは「高貴なもしくは非常に珍しい、神への奉納物」となります。

“備奉事乎諸聞食”は、そのまんま「備え奉る事を諸神はお聞きください」ですね。



これの大意としては、

「神々の皆様、私の友達をお守りください。
 その代償として、近衛木乃香の魂を貴品(珍品)として、
 捧げます事をお聞きください、そしてお受け取りください」」

という事になるのかな、と思われます。

『実は怖いグリム童話』ならぬ『実は怖い祝詞』という感じですね。

何しろ文章を解体していくと、「私の魂を捧げますから私の友たちをお助けください」という意味の言葉が出てくるのですから。



※素人の読み方なので、間違ってても勘弁してください(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※2009年1月1日、旧ブログ下書きデータより復元。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2007-09-20 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。