スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

CLANNAD AFTER STORY 総集編

まあ、何と言いますか……。

総集編が汐と朋也との会話形式で構成されていたことに関して言わせていただけば、「GJ!」としか言いようがありません。

あと、回想の「杏先生」の体育倉庫のシーンには、スタッフの方々の並々ならぬ執着を感じずにはいられませんでした(笑)。

18話で、朋也が汐に渚についての思い出を語って聞かせるシーンが、原作のゲームと比較して、かなり端折られていましたが、最後のこの総集編で、その部分がかなり保管された感じになっているのかなと感じました。



朋也は、17話から21話の渚を喪った世界を、「本当にあったことだと思う」としていますが、もしかすると、秋生も渚が5歳の時、今は病院となってしまったあの場所へ瀕死(?)の渚を連れて行き「こんな終わりは嫌だ!」と願った時、朋也同様に「隠された世界」で別の人生(渚を喪った人生)を辿って、願いのかなう光の玉を集め、あの場所に戻るという経験をしたのかもしれないな、とアニメ版を見て少し思いました。

こう考えると、渚の出産シーンで、秋生が朋也に「お前さんも良くやってくれた、ありがとよ」というセリフが、渚の出産時にずっと傍らで手を握っていた事に対するねぎらい以上に、「隠された世界」を旅して帰ってきた朋也に対するねぎらいと感謝の言葉だったとも取る事もでき、そう考えると、あのシーンの見方は、結構変わってくるのではないか? そんな事を考えました。



恋愛話色の強い、杏ルート・智代ルートが、アニメ版の中核を成す、渚ルートと混ぜ込む事が困難だったと見え、この二人のヒロインのエピソードが入らなかったのは、やむを得ない事だったとは思いますが、『智代アフター』というゲームもあることですし、『杏アフター』なんぞがあったら、是非見たい(やりたい)ものです。

原作ゲームをやった時、朋也の杏との再婚ルートとかがあっても悪くないな、などと思ったりもしましたしね。



全然、総集編の話になっていませんが、それは気にしない方向で(笑)。





まあ、とにもかくにも、4クール楽しませていただきました。
全てのスタッフ・キャストの皆様に感謝を。





http://ameblo.jp/azeaniblog/entry-10231348076.html

テーマ : CLANNAD -AFTER STORY-
ジャンル : アニメ・コミック

2009-03-28 : 徒然(アニメ・漫画2009) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
構成するはずだった(BlogPet) «  ホーム  » ネギま!「魔法世界の時間」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
CLANNAD~AFTER STORY~総集編「緑の樹の下で」
   何もかも嫌になり、腐っていた高校生岡崎朋也。1人の女子生徒古河渚との出会いにより変わり、紡ぎ出された物語「CLANNAD」。月日が流れ生まれた娘汐に拒絶していた過去、渚との出会いから感動のラストまでの物語が、朋也の視点で語られ始めた。「あんぱん!この学
2009-03-28 01:36 : アニメのストーリーと感想
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。