スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「ネギのお茶会2 レポ2 “質疑応答”」

これは、2009年7月4日に、「新宿パセラ」において催された、赤松健先生主催のオフ会「ネギのお茶会2」についてのレポート記事です。

※イベントの性質上、単行本未収録の最新話(256時間目)の内容にまで触れることとなりますので、あらかじめご了承ください。


※私は、時間の関係上、ほとんど文の語尾をカットした状態でメモをとっておりますので、言い回しが実際のものと、まず間違いなく異なっております。
※また、私の受け取り方と、発言者の発言の主旨にズレがある可能性も高いと思われます。


13:22
◆質疑応答
赤松先生「ここから20分間、報道枠の方メインで質疑応答をやりたいと思います」


質問者(以下、Q)「最近の『ネギま!』は、ガールズ系への配慮が強い気がするが?」

赤松先生(以下、A)「『アイシールド』の先生(原作・作画のどちらの方かは不明)によると、最近は女性の影響力が強い。『ハヤテ』も女性が多く買っている。『けいおん!』もそう。この流れは『らき☆すた』辺りから強くなっている気がする。だから(『ネギま!』も)そういう配慮は、当然考えている」

Q「『ネギま!』は、いつまででも続けられるフォーマットで描かれているということだが、それは、逆に言うといつでも終われるということなのか。また、結末もしっかりと用意されているのか?」

A「終われる。ちゃんと結末も用意している。打ち切りに合えばそれまでだが(苦笑)」

Q「2学期以降をやる気はあるか?」

A「そのつもりはある。人気があれば続けるが、学園生活における全てのイベントをやるかは分からない」

Q「魔法世界編は後どれくらいかかる?」

A「バトルが絡むとページを食うので、時間がかかっているように感じるが、作中の日数はそんなに経っていない。さらに修行を重ねて…という事をするつもりはないので――」(そんなにはかからない?)

Q「相坂さよは、パクティオーできる?」

A「魂があればできるという設定。パクティオーは必ずしもチューをしなければならないわけではなく、(エヴァ達のような)ドール契約というものもある。私は(さよのパクティオーは)可能だと思っている」

Q「闇の魔法について。魔力とは生まれつき容量が決まっているという設定だったと思うが、他の魔法と闇の魔法との位置づけの違い等はあるのか?」

A「イメージは心のビーカー。そこに闇を注いでいく感じ。ネギの心の闇は大きいので、たくさん入れることができる。
 このビーカーが大きいほど、闇をたくさん入れることができるので。ネギは、元々心の闇が深かった。あのキャパシティーがないと、ラカンのパワーを貯め込むことはできない。
 (負の)感情と関係する魔法は、闇の魔法だけで他の魔法とは違う。
 父親(ナギ)は明るいので、闇の魔法を使うことはできないだろう」

Q「大麻帆良祭を、ぜひもう一度やってほしい」

A「今、あのメンツは集められない。スタチャ(スターチャイルド)次第だろうが――」(まあムリだろう)

Q[ネギが魔法学校で習得した9つの戦闘魔法の、残りの2つの設定はできているのか。また、使う予定はあるのか?」

A「設定はある。しかるべき時に出す」

Q「最近の話(254時間目)で、ネギが千の雷を3つ発動していたがしていたが、装填する時間はどこにあったのか?」

A「主人公なので。格好良いから。完全にその場のノリで(笑)」

Q「新OADのEDは新曲?」

A「その話は、まだ聞いていないが、曲はもう一曲ある。わかったら日記等で知らせる」

Q「公式HPのアンダーバーのような物は何?」

A「ノーコメント」

Q「何故、現実世界に魔法学校があったり、麻帆良学園のように魔法先生や魔法生徒がいるのか。何故、関東魔法協会と関西呪術協会のように分かれているのか?」

A「関西呪術協会は、元々昔から日本にあった存在。 麻帆良学園は、魔法世界との繋がりはあるが、魔法世界の人間がやって来て作ったというものではない」

Q「現実世界の魔法使いは魔法世界から来た人間という訳では無いのか?」

A「現実世界にいる人にも、魔法使いとしての素養がある人はいる。そういう人が現実世界の魔法学校で魔法使いになる」

Q「魔法世界の人は皆、現実世界の事を知っているようだが、現実世界の人が魔法世界のことを知らないのは何故か?」

A「魔法世界の方が、若干進んでいるということだろう。
 現実世界の人が知らないのは、一度に知らせるとパニックが起きるから。いうなれば麻帆良学園は(長崎の)出島のような存在で、限定的に交流をしている感じ」

Q「魔法世界編で出てくるエヴァの霊体は、リアルタイムで本体と繋がっているのか?」

A「繋がっていない。あれは、巻物を作った時点での思念体。エヴァは人気キャラなので、登場させたかった」

Q「今後ジャンプの発行部数をマガジンは抜けるか?」

A「言える立場にはないが、なかなか難しい。先述(『アイシールド21』の話)したが、ジャンプには女性が付いているので強い」

Q「明日菜の年齢など時間のズレがあるように思うのだが?」

A「ノーコメント」

魔法世界編が終わったら、ラカン達は出なくなるのか?」

A「ノーコメント」

Q「ネギは、現実とは時間の差のある所で修行しているが、実際のところ今は何歳くらいなのか?」

A「公式には10歳。数えてはいないが、私の体感では1年は経っていないと思う。ただ、明日菜にたまに「あんた大きくなったわね」というセリフを言わせることで、成長を表している」

A「そろそろ時間だが、他にこれは絶対に聞きたいということは?」

Q「絵についてだが、連載初期と比べて絵が薄い(注:ここは、うろ覚えです)気がするが?」

A「ちばてつや先生も言っていたが、連載が続くと線が少なくなる」

Q「それは良い事なのか?」

A「疲れているんです(笑)」

Q「連載が続けば、色々なキャラの過去話、例えば(龍宮)隊長などの話は出る?」

A「人気次第です」

Q「のどかは夕映と一緒にネギに魔法を習っていたが、呪文詠唱はできないのか?」

A「能力はあると思う。しかし、今は読心術師としての修行や、罠感知などの冒険者スキルを身に付けるための経験を積んでいる。のどかや木乃香が“魔法の矢”を撃つくらいなら、ネギが撃った方が早いし」

13:47
A「では、応答はここまでで」
(予定より7分押し)




質疑応答は、概ねこんな感じでした。
私が聞き取れなかった箇所や、聞き違った箇所、メモし損ねた箇所などもありますので、後は他の方のレポと照合してくださいませ。


まだ、「重大議題3つ」が手つかず……(泣)。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-07-05 : ネギのお茶会2 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。