スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「お茶会2での議題3つについて」

和泉彼方の萌え尽き日記(別館)さんのアンケート企画、「お茶会2での議題3つについて」について、考えてみたいと思います。

※なお、当ブログにおける「ネギのお茶会2」のレポートにつきましては、以下の通りまとめましたので、ご報告します。
※ネタバレ全開です。

ネギま!「ネギのお茶会2 レポ1 “枠”」(追記済)
ネギま!「ネギのお茶会2 レポ2 “質疑応答”」
ネギま!「ネギのお茶会2 レポ3 “重大議題1”」
ネギま!「ネギのお茶会2 レポ4 “重大議題2”」
ネギま!「ネギのお茶会2 レポ5 “重大議題3”」
ネギま!「ネギのお茶会2 レポ6 “感想等”」

それでは、本文は続きから――。
(やはり、ネタバレ全開です)


□■募集内容■□
 
「ネギのお茶会2」で用意された下記3つの議題に対して
貴方の意見をお聞かせ下さい。
 
1)ネギま!の終わり目はどこか
 
2)ネギはどこまで強くなっていいのか
 
3)パクティオーは多い方が良いか?
  パクティオーのバーゲンセールでも良いのか?

※以上、「和泉彼方の萌え尽き日記(別館)」さんからの引用

1)ネギま!の終わり目はどこか

まず、最終回については、私も卒業式ということで異論はありません。
そして、できれば卒業式の後の、各キャラの進路についても、少しは触れて欲しいところです。

それで、「あとどのくらい連載が続くのか」という話に移りますが、正直こればかりは、見当もつきません(笑)。

まず、魔法世界編についての個人的展望としましては――、現在(7月12日時点)で257時間目で、28巻収録予定が次の258時間目まででしたっけ?

ネギま!は、単行本単位で、ある程度ストーリーに区切りを付けるように意識して書かれているということなので、次の258時間目で総督主催の舞踏会に出席して、ゲーデル総督が「ようこそ、“ナギ・スプリングフィールド君”」と出迎えて、次巻へ続くとなる予感がします。

その後、29巻の9話(267時間目まで)の途中までは、ゲーデルの独演会とラカンの茶化しが入り、その後、オスティア・ゲートでフェイト一味との戦闘開始。
夕映の合流と、ダーク明日菜の登場と言った辺りが描かれる気がしています。

そして、30巻の9話(276時間目まで)で、フェイト一味と全面バトルが展開され、フェイトいわく「時が満ちる」事により、オスティア・ゲート開放。
私の勝手な推測(笑)では、オスティア・ゲートは、麻帆良に繋がっているという事になっているので、30巻のラストで、麻帆良学園に帰還。
このとき、フェイトとのバトルの結果がどのような展開になっているのかまでは、想像がつきません。

そして31巻の9話(285時間目まで)は、魔法世界編の後始末や、クラスメイト編などを少々やって、次の展開(多分大きなストーリーの流れ的には、ラストエピソードにカテゴライズされるであろう話の、前振り。

ここまでで、9話×3巻で27話。4話につき1回休載の現状を踏まえると、これで7回程度の休載が見込まれますので、34週間を要します。これで大体8ヶ月を要します。


本当にその後のことは、見当もつかないのですが、麻帆良編・魔法世界編のそれぞれの長さから推測するに、赤松先生のモチベーションが続くならば、40巻くらいまで続いても、正直なところ全く驚きません。

背表紙的に考えると、13巻=ネギ、26巻=アリカという周期から考えて、39巻=ナギで完結という予測も捨てがたかったりします。

仮に39巻完結説を採るとすると、
32巻(294時間目まで)、33巻(303時間目まで)、34巻(312時間目まで)、35巻(321時間目まで)、36巻(330時間目まで)、37巻(339時間目まで)、38巻(348時間目まで)、39巻(357時間目まで)ということになり、あと約90話。
休載が4回に1回とすると、単純計算で90÷4で、約23回の休載。
90+23=113週なので、2年3ヶ月くらい。

そう考えますと、「せいぜい2011年末頃が妥当な線なのかな~」と思ったりもします。
今年、先生が41歳なので、数え年で本厄。2年後なら厄も終わっているので、タイミング的にもいい感じかな、とか(笑)。

2)ネギはどこまで強くなっていいのか

これは正直なところ、「どうぞご自由に」というのが率直な感想だったりします。

どうせ、いくらネギが強くなろうとも、作品中では、父サウザンドマスターを超える事は、できないでしょうしね(笑)。
それを考えると、必ずしもネギの強さは、必ずしも青天井と言うわけでは、ないような気がするのです。

ただ、RPG好きとしては、ネギが突出するのは好ましくなく、もっとパーティープレイっぽいバトルを工夫して描いていただきたいという思いはずっと持っています。
(私の望むパーティーバトルは、修学旅行編の「ネギ&のどか×小太郎」のような、“補い合い”のバトルでして、それを考えると、ネギの突出はあまり望ましくないと思っています)

3)パクティオーは多い方が良いか?
  パクティオーのバーゲンセールでも良いのか?


バーゲンセールは、勘弁してください、マジで。

いや、パクティオーカードは見たいんですよ?
しかし乱発すると、作中におけるパクティオーの価値が大暴落すると思いますので、ここはひとつ、慎重に考えていただきたい所です。

当日、パネリストの方が「パクティオーをしないと、好きなキャラの出番が無いのでは、(パクティオーを)してくださいとしか言いようがない」と零しておられましたが、それはまさにその通りではあるのですが、それでもやはり、増やすのは慎重を期していただきたい。

とは言え、「全クラスメイトのパクティオーカードを見てみたい」というのは、紛れも無く私の本音ではあります。

そこで妥協案として、かつてこういうモノをやったように、とりあえず、「パクティオーの有無に関係なく、全クラスメイト分のパクティオーカードの公式デザインを、あらかじめ公表しておいていただけないでしょうかね?」という案を提示させていただきたいのです。

「本編中で出すかどうかは未定ですが、とりあえず、この娘がパクティオーすると、こんな感じのカードが出ますよ」みたいな感じで。

私に関しては、パクティオー自体が重要というよりは、「色々なキャラのカードのデザインが見てみたい」という思いの方が強いのではないかと思います。


まあ、そんなわけで、「パクティオーカードのデザインが事前告知されていれば、本編中でのパクティオーの有無にはこだわりません。むしろ作中で、ばんばんパクティオーされると、価値が暴落して面白みが無くなる気がします」というのが、議題3の私の見解です。


要するに「バーゲンセールはイヤだ」という事になります。


「ネギのお茶会2」に関する、3つの議題の私の考えは、大体、こんな感じでしょうか。



うーん、思ったよりも長文になったな……。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-07-12 : ネギのお茶会2 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。