スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「知っているのかジョヴァンニ」

※7月27日時点での、単行本未収録内容のネタバレです。

魔法世界が「造られた世界」だとしたら、造られたのはいつ…?

「火星の大地を触媒に、その上に重なり合うように存在する世界――それがこの『魔法世界』――という推測が成り立つのです」

という、のどかの“土地超重要説”を受けてネギに思い浮かんだのが、「魔法世界=造られた世界」であるという仮定と、「造られたとしたら、それは果たしていつの事なのか?」という疑問でした。



魔法世界が「火星をもとにして造られた世界」だとして、その地名は人類(旧世界人)が「オリジナルの火星」につけた地名をそのまま使用しているという事は、「魔法世界は、旧世界(地球)の人が火星の大地の地名をつけた後に造られた」と考えなければ、つじつまが合わなくなります。

そこで出てくるのが、今回のタイトルにも使用させてもらった、イタリアの天文学者・政治家ジョヴァンニ・スキアパレッリ(1835~1910)です。
この人物こそが、火星に地名をつけた張本人です。

『ジョヴァンニ・スキアパレッリ』(フリー百科事典『ウィキペディア)

現在の火星の地名は、この人が1888年に作成した火星地図を元にしているらしいので、その後に「魔法世界が造られた」と考えるべきなのかも知れません。

“『人造異界の存在限界・崩壊の不可避性について』論文1908年”と、スキアパレッリの生きた時代(1835~1910)と重なるところもまた、興味深い符号もしくは偶然。


まあ、漫画の設定的には、逆に魔法世界の地名を元に、スキアパレッリが現実の火星の地名をつけたという考え方もあるかも知れませんが。
しかし、それだと魔法世界の起源がいつなのか、本当に分からなくなります。



とりあえず、今後、ジョヴァンニ・スキアパレッリ元老院議員とかが出て来たら面白いですね。

ここで取り上げたスキアパレッリは、現在のイタリアの前身であるイタリア王国(1861~1946)の上院(元老院)議員でもありますし。






【2009年7月31日まで、右サイドバーにてアンケート実施中です】
補完バナー200
当ブログのアンケートについての詳細につきましては「こちら」まで。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-07-27 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。