スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「休載53回目」

このシリーズは、タイトルの通り、『魔法先生ネギま!』が休載になった週に書きます。

どうせ、すぐに飽きて止めてしまうと思うので、過度な期待はしないでください。

※なお、当日現在で単行本未収録内容に触れておりますので、あらかじめご承知おきください。

発売日に買ったのに、まだ『ドラクエ』がクリアできません。(挨拶)



当ブログ7月27日の火星の地名の命名者「ジョヴァンニ・スキアパレッリ(1835~1910)」についての記事についての続きなんぞを。


この記事では、「スキアパレッリが火星地図を作成したのが1888年だから、魔法世界の地名がスキアパレッリの命名した火星の地名と合致するという事は、魔法世界は1888年以降につくられたのかも知れませんね(要約)」という事を書きました。

……で、ここからが今回の本題です。

ネギが258時間目で、「麻帆良学園他、各旧世界の魔法使い組織の上位機関である、メガロメセンブリア上層部」と言っていますので、学園長達が「本国」と呼んでいた存在が、メガロメセンブリアであるという事は想像がつきます。

ところで、「メガロメセンブリアの下位組織」であるところの麻帆良学園が、いつ頃できたのかですが、遥かにさかのぼって8時間目で夕映が「明治の中頃」と言っています。

明治時代は、1868年(明治元年)から1912年(明治45年)までの約45年間ですから、この中頃というのは、狭義に考えれば明治23年(1890年)を中心として、その前後の何年かになるかと思います。

スキアパレッリの火星地図作成が1888年、麻帆良学園の創立が1890年頃。

「つまり、魔法世界がスキアパレッリの火星地図を元にして作った異世界だと仮定すると、魔法世界創造と麻帆良学園の創立は、ほぼ同時期かも知れないんだよ!」

「「「なっ‥なんだってェ――――ッ!?」」」

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-08-12 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。