スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「264時間目」

※9月16日時点での、単行本未収録内容のネタバレです。

いやいや暑いですな

日本の夏を暑がる、エヴァと詠春。

何かもう詠春の姿が、「事件の謎を追って出張してきた、2時間モノのサスペンスドラマに出てくる刑事」にしか見えません。


まあ、それはさておき。

どうやら旧世界(麻帆良)は、現在進行形で夏休みのままであり、魔法世界とは時間の共有はしていないと考えた方が良さそうです。

演出的意図を考えるに、“オスティアの今”と“麻帆良の今”は、同じ日であるのではないかと思います。

やはり、オスティアのゲートは麻帆良の地下と繋がっていて、ゲートを開いたら、皆で「今日は」または「今晩は」を、してしまいそうな気がします。

いちいち、詠春が京都から来て、このままクウネルとお茶会やって帰るだけとは思えませんし。



おやきゅっ

ゲーデルは、ほぼ間違いなくのどかのアーティファクトについても把握しているでしょうから、同行者は3名までとしていしたら、その中にのどかが入るであろう事は織り込み済みでしょうから、おそらく嘘を言う気はないのではないでしょうか。

ただ、本当の事を言うかまでは、定かではありませんが。


「6年前の雪の日」の黒幕は、メガロメセンブリア元老院

これまでに語られた内容的には、怪しいのは間違いないでしょう。

20年前の大戦の責任を、アリカの身に一身に押し付ける形で排除し、ウェスペルタティア王国の旧領を信託統治領という形で、メガロメセンブリアに吸収した訳ですし。

とは言え、一口に元老院といっても、まさにゲーデルが「我々すなわちMM元老院」と言っている通り、元老院とは、あくまでも集団ですから、“元老院”というのが、“元老院の一部の意思”なのか“元老院の総意”なのか不明瞭です。

そもそも、20年前の元老院と6年前の元老院、そして現在の元老院は、構成メンバーからして異なるでしょうし。

たとえ「6年前」の黒幕が元老院だったとして、それが“元老院の総意”だったとしたら、ゲーデルがこんなところで、自分らが犯人ですと告白する理由も分かりませんし。
そもそも、それを明かしたところで、ゲーデルに何の益があるのやら。


グダグダと書いてきて、結局のところ何が言いたいのかというと――、


「ネギ君、ゲーデル総督の話って、まだ途中なんじゃないの?」

ということです。

ゲーデルは、ネギを取り込みたいから、面倒な手順を踏んでいるんだと思うんですけどね。
「実はネギの頭は血が上り易い」という事までは、リサーチしていなかった模様。





おやきゅっ

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-09-16 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 0 : トラックバック : 2
Pagetop
シリーズへ期待しなかった(BlogPet) «  ホーム  » 造形美術の退化が見ていて切ない
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(09/16)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「264時間目」 」 >結局のところ何が言いたいのかというと――、 >「ネギ君、ゲーデル総督...
2009-09-16 23:04 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
楓の ネギま!ニュース+264時間目感想ブログまとめ 「2009年9月16日」
☆ネギま! ニュース ●『ネギま!』の電車中吊りポスターが登場、特製しおりフェア対象店発表、他 [猫とネギま!と声優さん] ●こもごも日...
2009-09-19 21:41 : 楓の箱リロLive対戦日記 [光の翼 ~ALA LUCIS~]
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。