スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「休載56回目兼OAD第2期第2話感想っぽい物」

今週は、『ネギま!』休載週の水曜日にやっている「休載○○回目」に代えまして、OAD第2期「もうひとつの世界」第2話について書こうと思います。



ちなみに私は、触手とかは別に好きではないので、千雨のシーンは、いくら力を入れて作られても無反応です。スルーです。


逆に茶々丸のシーンは、「ぜひアニメで見てぇ」と思っていたので、満足です。

いいぞ、もっとやれ。



今回特筆すべきは、やはり登場人物の数ではないでしょうか。
調べた訳ではないので、確かな事は分かりませんが、もしかすると『ネギま!』アニメ史上最少だったのではないでしょうか?
(余談ですが、私のPCでは“さいしょう”を変換すると、まず一発目に“妻妾”と出ます)

「原作通りにやる」以上は、当然そうなる事は分かってはいた事ではあります。
しかし、これまでの『ネギま!』アニメが、明らかにクラスメイトの登場頻度に配慮してた(『ネギま!?』では、原作にはない設定=ザジの駄洒落や裕奈のミリオタ等々……をくつけていましたよね)ことを考えると、結構新鮮に映りました。

異論はあるかとは思いますが、クラスメイトの登場頻度への配慮がストーリー展開への足枷となったことが、『ネギま!』のアニメが上手くいかなかった(少なくとも私は、上手くいっていたとは思っておりません)大きな理由のではなかったかと思っていました。

それを考えると今回は、クラスメイトで登場するのは茶々丸、千雨、エヴァのわずか3名。
鉄壁の人気を誇るとされる、「かなかな組」は全く出番なしという状態。

ちょっと大袈裟な書き方をすると、『ネギま!』アニメで、ストーリーがキャラクターに屈服しなかった、初めてのケースなのではないかと思ったりしました。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2009-11-25 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。