スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のキャラデザは3話まで見たら慣れた

初見では、「『けいおん!』が思い浮かんで、話に入り込みにくいなー」などと思いつつ観ていましたが、3日で慣れるではないですが、3回見たら目が慣れてきたのか何なのか知りませんが、キャラクターデザインの面では、ほとんど気にならなくなりました。

何となくこれは、キャラデザで損をしてしまっているような気がします。

この作品の特徴は、間違いなく「文明・文化のちぐはぐさ」だと思うのですが、この調和の取れていない、ちぐはぐな感じが、観る者の「果たしてこの世界のバックグラウンドはどうなっているのだろうか?」という興味を引くのに一役も二役も買っているのではないかと思います。

少なくとも私は。
ぶっちゃけ、現状としてはストーリーに指向性が有るんだか無いんだかさっぱり、という感じですが、物語のバックグラウンドに、あれこれと思いを馳せるだけでも十分に楽しめています。


朽ち果てた鳥居の奥にある教会で、シスターっぽい女性が柏手を打つ、とか。
そのシスターっぽい女性の装束を、よくよく見てみると、そのこしらえは日本の神職の装束に似ている、とか。

本当にちぐはぐです。


今後ストーリーが、どのように展開していくのか、今のところサッパリ見当もつきませんが、どのようなバックグラウンドをもった世界を舞台にしているのかに思いを馳せつつ、観ていこうかと思います。



それにしても、あの『アメージング・グレース』の旋律が耳から離れなくって参る。





そして、フクロウが捕食していた謎の物体の正体が気になる。
soraoto03a
パッと見ネズミかと思いきや、一時停止してみると、頭らしき部位が見当たらず、色からして何だか肉っぽいスライムという感じで、凄く謎(笑)。

テーマ : ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ジャンル : アニメ・コミック

2010-01-19 : 徒然(アニメ・漫画2010) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。