スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Fate/Zero 第八話 魔術師殺し

うん……まあ……何と言うか……。

「セイバー、真面目に仕事しろ?」

いくら、自分のマスターにガン無視を決め込まれていて、気に食わないからと言って、マスターの許に敵サーヴァントを送り込むとか、やっている事が無茶苦茶です。

ケイネスが切嗣にやられてピンチなので、ランサーがその危機を救うべくマスターの許に向かうのに道を譲るというのは、先般のキャスター戦で助けてくれた借りを返すという意味では、騎士道精神に則った真っ当な選択かもしれませんが、ならば自分もランサーと一緒にマスターの許に戻れば良いものを。

ランサーに切嗣を害する気がなくても、ケイネスに意識があれば、令呪でそれを強制できますから、その場合、切嗣は実質丸裸状態。
その状況下で、切嗣が自分の身を守ろうとするならば、令呪でセイバーを強制召喚してランサーと戦わせるしか無くなって、結局セイバーとランサーの望む正々堂々とした勝負などできる訳もなく、「色々な意味でなにやっているんだセイバー!?」状態。

もうこれは、明日は1日ご飯抜きにされても文句の言えないレベル(笑)。

切嗣でなくても、「あー、アレは僕には合わないや」と溜息の一つも漏らしたくもなりましょう。

まあ、自分のサーヴァントの相手を妻に任せっきりにして、最低限の信頼関係さえ築いていなかった、切嗣の身から出た錆とも言えますが。
例えるならば、育児を妻(アイリ)に任せっきりにして、家庭を顧みなかったため、子供(セイバー)に相手にされ無くなってしまったお父さん(切嗣)みたいな状態とでも言いましょうか(笑)。



そして、ケイネスの他に、切嗣目当てでアインツベルンの森にやって来た男(言峰綺礼)がもう一人。

前回、綺礼の存在ににビビりまくりだった切嗣を見てしまった、アイリは、綺礼を切嗣に会わせてはならないと、舞弥と共に迎え撃ちますが、まあ、相手はサーヴァントと生身で戦えるような化物なので、あっさりとボロ雑巾状態に。

映像としてみると、本当に綺礼は、容赦がないなあ。
あれで、急所を外したとか言われても、「嘘だッ!」としか突っ込みようがありません。
どう考えても、アヴァロンの加護がなければ、アイリは、あそこでお亡くなりでしょう。

結果オーライで、生き延びたアイリは、切嗣を守るという一つの目的のもとに、舞弥との間に嫉妬心を超えた友情を結び、ここに妻妾同衾コンビが誕生します。

今回、切嗣を守る気ナッシングだったセイバーとの温度差が、半端では無い事になっていますね。


それにしても、アイリに舞弥に綺礼にと、モテモテですなあ、切嗣サンは(笑)。



-130:27:40

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

2011-11-20 : 徒然(アニメ・漫画2011) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。