スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Fate/Zero 第十二話 聖杯の招き

今回は、『stay night』へと繋がる会話回。

Aパートのセイバーとアイリスフィールのやり取りは、主人公サイドへと繋がり、Bパートのギルガメッシュと綺礼のやり取りは、ラスボスサイドへと繋がります。



Aパートで、武家屋敷(後の衛宮邸)と土蔵を出てきたのを見たら、昔居た場所に戻ってきたような、懐かしさのようなものを感じてしまいました。
時系列的には逆で、こっちが先なんですけれどね。

ここの土蔵でアイリスフィールに魔法陣を描いたせいで、10年後にセイバー自身が召喚されようとは、描かされているセイバー本人には知る由もないのでした。
結果的に、衛宮士郎とセイバーの魂を救済する先鞭をつけていたのは、アイリスフィールだったというオチなわけですね。



Bパートは、延々とギルガメッシュから綺礼への熱烈なラブコール(笑)が描かれました。

「おい貴様、令呪が復活しているじゃないか。しかし残念ながら、令呪があってもサーヴァントがいないと、聖杯戦争には復帰できないけどな。どうしても復帰したければ、倒しやすそうなマスターを一人殺っちゃて、そいつのサーヴァントを奪うしかないなぁ。(盤上のアーチャーの駒の前の駒を倒しつつ)我様の記憶が確かならば、貴様を信じきっている、お人好しのマスターが一人いたような気がするんだけれどなー」(以上意訳)

凛パパ危ない、超危ない。


それにしても綺礼は、ギルガメッシュに誘惑されなかったら、歪んでいるなりに、それなりに真っ当な聖職者として、生涯を送ったのでしょうか。
それとも彼は、ああいう生き方しかできずに、ギルガメッシュに合わずとも、いつかは昏い道へと堕ちていく運命にあるのでしょうか。
その辺り、ちょっと興味があります。



-90:56:24

テーマ : Fate/Zero
ジャンル : アニメ・コミック

2011-12-18 : 徒然(アニメ・漫画2011) : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
Fate/Zero 第十三話 禁断の狂宴 «  ホーム  » ネギま!「347時間目」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
◎Fate/Zero第十二話「聖杯の招き」
トウサカが、キレイにアサシンをさしむけさせたのは、ライダーの能力を知るためだった。キリツグは、トウサカ邸を見張ってた。いままでの情報を纏める。バーサーカーは泳がせておこ...
2012-04-19 20:48 : ぺろぺろキャンディー
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。