スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第九の館

ミステリー作家・綾辻行人氏のライフワークともいえる“館シリーズ”の第九作『奇面館の殺人』が発売となりました。

第八作『びっくり館の殺人』の発表が2006年3月ということですので、実に6年ぶりの新作です。
このブログを始めたのが2007年1月で、今月で丸5年ですから、それよりも前の話ですよ。

早速買ってきて、昨日読み終わったのですが、まず感想を一言でいうならば、「相変わらずの有り得ない世界観で安心した」です。
やはり、“館シリーズ”は、無茶な設定があってこそだと思います(笑)。

そもそも、「ある一人の建築が設計した『館』で、それぞれに関連性はなく、次々と殺人事件が発生し、それがその『館』という場の持つ“空気感”であるとか“何かを引き寄せる力”的なものでしか説明のしようがない」という設定ですからね。

推理小説ですから、当然ネタバレに繋がるような具体的な感想は書けませんが、とりあえず腰を抜かすような傑作というよりは、コンパクトに綺麗にまとまった作品だと思います。
『奇面館』というタイトルから連想されるような、おどろおどろしさもなくどちらかというと、からりと乾いたような感じです。

個人的には、第三作『迷路館』に近いテイストという印象でした。


アナウンスされている“館シリーズ”は、全十作ということでしたから、これで、いよいよ最後の『館』を残すのみとなりました。
私がまだ、ティーンズだったころに出会ったこのシリーズが、果たしてどのようなラストを迎えるのか、今から楽しみです。
というか、もはや、それを読むまで死ねない(笑)。

とりあえず、「次は10年後」とか言うのだけは勘弁してください。
第六作『黒猫館の殺人』(1992年)から第七作『暗黒館の殺人』(2004年)の間の12年のブランクという実績があるので、10年後というのも、あながち有り得ない話ではないだけに恐ろしいです(苦笑)。

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)
奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

2012-01-09 : 徒然(読書) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。