スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「休載82回目」(終)

『バーチャルネット委員長あやか115歳』

……という電波が飛んできた(笑)。

しかし、このネタ、今の主要な『ネギま!』読者の何割ぐらいの人が分かるのでしょうか?



さて、今週が最後の休載週(のはず)です。

今週は、いよいよ3話を残すのみとなった、『魔法先生ネギま!』の長さについて語りたいと思います。

まあ、率直な話、連載9年間・単行本全38巻は長過ぎだと思います。
現時点で、私の手元には1巻から37巻までがある訳ですが、正直なところ、古い巻を読み返すのが、かなり億劫になってしまいました。

現在進行形の連載物として追いかけていく分には、あまり問題を感じないのですが、「さて、それでは改めて一から読もうか」と言われると尻込みしてしまう長さになってしまったと思います。

もちろん、先週述べたとおり(ネギま!「休載81回目」)、明かされていない謎・伏線の類がテンコ盛りの状態なのですから、それらをキレイに消化してから終わって欲しい(それまでは続けて欲しい)という希望を持ってはいます。

しかし、これ以上続ければ続けるだけ、敷居が高くなる一方なのだろうということは、想像に難くありません。

そんな考えもあって、かつて「39巻完結説」などというものを捻りだした事もあったのですが、あの時点では、魔法世界編は30巻ぐらいで完結して、そのあとで「クラスメイト編」を1巻分程度挿し込んだ後で、「最終章」として伏線回収とラストバトルをやって卒業、完結。というイメージを持っていました。

しかし、実際には魔法世界編は36巻まで続き、37巻から38巻の半分で「クラスメイト編」、残り半分でストーリーそのものを完結させるという展開となりました。

さすがにこれは、まくり過ぎです。
打ち切りだと思われても仕方がない展開です。

私自身、そのような印象を持ちましたし。
連載期間は、長過ぎるくらいだという思いを持っているにもかかわらず。

結局のところ、魔法世界編が長過ぎたのだと思います。
いや、「魔法世界編が長い」というよりは、「闇の魔法」についての描写が冗長過ぎたというべきかもしれません。
「闇の魔法」については、書きだすと、これまた長くなりそうなので、ここでは触れません。
もしかしたら、連載終了後に気が向いたら書くかもしれませんが、予定は未定です。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2012-02-22 : 魔法先生ネギま!(その他) : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
ネギま!「353時間目」 «  ホーム  » ネギま!『37巻限定版』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(2012/02/22)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「休載82回目」(終)」 方丈にて徒然なるままに ネギま!「休載82回目」(終) 『『バーチャルネット委員長あやか115歳』 ……という電波が飛んでき...
2012-02-22 22:21 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
懐かしいですねぇ。
学園祭編をのどか15歳見ながら読むのが何より楽しかったです
2012-03-09 19:48 : 名乗る名など無い URL : 編集
Re: No title
面白かったですよね、のどか15歳。
もしも、ずっと続いていたら、どのようなツッコミを入れてくれていただろうかとか、想像するだけでも楽しいですが、叶うことならば、もう一度読み返したいものです。
2012-03-10 21:51 : 筈木 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。