スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ネギま!「355時間目」(最終回)

【今週の感想】

もちろん満足していないから不服な点を書きますぜ!



えーと、つい2週間前に「未来は白紙」と言っていたのに、最終回でその白紙のはずの未来が塗りつぶされてしまったのですが……?

クラスメイトのその後については、「(未来は白紙なのだから)読者の想像に任せます」ということにして欲しかったというのが、率直な感想です。
そうでないと、平行世界の概念を持ち出した甲斐がないと思うのです。

最後に確定した未来を提示してしまうのであれば、時間軸は常に一つである(分岐点で平行世界は生まれない)ということにして、130年後に目覚めた明日菜は、過去に戻った自分の墓を見つけるという展開にして、「まあ、そういうことだから、これから過去に戻るぞ」という流れにしてしまっても良かったのではないでしょうか。



ほとんど何の説明もなく、ナギが生還しました(笑)。

まあ、先週の時点で、造物主関係はスルーするのだろうということは、想像に難くなかったので、それ自体に驚きはないのですけれど。

結局、赤松先生は、「しかるべき時に出します」と公言した、ネギの第9の戦闘魔法を出さずに終わらせてしまいましたね。
「対魔族用で、造物主にも効果がある」ということのようですので、どのような性質の魔法であったのかの見当はつきますけれど、「出す」と発言した以上は、しっかりと出して欲しかったものです。

造物主スルーに関しては、「ラスボス戦がない」という以上に、残念に思うことがあります。
これは、354時間目の感想のところで言及した、

>造物主については、「とある点」について、スルーしたまま完結させると、
>『ネギま!』の物語的・世界観的に見て、かなり大きな瑕疵(傷)を
>生じてしまうこと明らかだと思っているのですが、
>これは実際に最終回を読んで本当に「とある点」をスルーしてしまったら、
>指摘しようかと思います。

という「とある点」についてです。

終わってしまったことですので、あまり長々と書いても仕方がありませんので、手短に。

それは、「果たして造物主に対しては、“完全なる世界”の代案を示さなくても良かったのだろうか?」ということです。

造物主が20年前の大戦で、ナギに倒されてしまっていて、既にこの世にはなく、動いているのは彼(彼女?)の遺志を継ぐ者(フェイト達)のみということであれば、フェイトに代案を示して、それをフェイトガ受け入れれば、“完全なる世界”をめぐる戦いは終わり、残るのは魔法世界救済のみということになるでしょう。

しかし、造物主が(ナギに乗り移って)生きていたという描写を出してしまった以上、フェイトを説得しても、“完全なる世界”をめぐる戦いは終わらないはずなのではないのかと思うのです。

『ネギま!』の物語が、最終的に、「悪の大魔王を倒してめでたしめでたし」という方向ではなく、「滅び行く世界の救済を目指す」という方向へ進んだ以上、「ボス倒した、オヤジ救出した」で終わりでは、片手落ちなのではないでしょうか。

できることならば、ネギには、しっかりと造物主と対峙した上で「あなたの時代はもう終わりなんだ。僕達はあなたとは別の方法で世界を救って見せる。あなたの2600年の絶望は、僕達がずっと覚えている。だからもう眠ってくれ」とか言って、成仏させてやって欲しかったと思います。

10話位あれば、できそうな気がするんですけれどねぇ。


……ところで、結局2600年の絶望って何?



そして、アリカママは、どうなったのですか?
ネギ「僕には、行方がわからない母がいたような気がしたけれど、そんなことはなかったよ!」
ナギ「オレには、行方がわからない嫁がいたような気がしたが、そんなことはなかったぜ!」
的な展開ですか?

せめて、一言くらい触れてくださいよ、特にナギ。
まったく、気になってしようがない。



各クラスメイトのその後については、いちいち触れていると、凄まじく長くなりそうなので、ここでは触れないで起きます。
細かい話は、各キャラのファンの方々にお任せということで。

まあ、『ネギま!』の毎週感想も、今週で終わりなので、後でも書く時間はあるでしょうから、別の機会にでも譲りましょう。
※こういうことを言う人間は、大抵は面倒臭がって書かないので注意が必要である。



ただ、やはり、いいんちょこと雪広あやか嬢の話だけには、触れておくべきましょう。私的には(笑)。

おそらくこの世界では、ネギと明日菜は将来結婚するのでしょう。

もちろん、どこにもそんなことは書いてありませんけれども、文脈的にそのように解釈できるような記述にはなっているように思います。
いいんちょの「その後」の部分を読むと、そのように受け取って差し支えなかろうかと思えます。

>出席番号29番 雪広あやか
>雪広コンツェルンの代表として
>ブルーマーズ計画推進に尽力
>ISSDA設立後も常に
ネギとアスナの傍らにあり
大きな支えとなっている
>ネギの斜め後ろに入れるだけで幸せ


引用の下線太線部ですよ。
いいんちょは、「常に」「ネギとアスナの傍らに」いるんです。
いいんちょが、常に傍らにいる対象が、「ネギとアスナ」というペアになっているということは、突き詰めると「ネギとアスナは常に一緒にいる」ということになりますから、最も一緒にいる形態は、姉弟でもなく、仕事上のパートナーでもなく、夫婦でしょう。

ということで、明記はしていませんが、ネギと明日菜は将来結婚するというのが、最終回を読んだ後における私の考えです。
ずっと、この二人は、くっつかないだろうと思って読んでいたのですが、そういう結論になりました。

もちろん、あくまでもこれは、私の解釈ですから、「いや、そんなことはない」と考える方もたくさんいるでしょう。
しかし、それでいいのです。

「未来は白紙(笑)」なのですから。

そう、だから、木乃香と刹那が両方とも2017年に結婚していることについても、たまたま同じ年に別の男性と結婚したのだと思おうが、同性婚が認められた国の国籍を取得して、この二人が結婚してしまったのだと思おうが、そのようなことは読んだ人がそれぞれ自分の好きなように考えれば良いのです(笑)。





とりあえず、これにて2007年1月、163時間目から続けてきた、私の『魔法先生ネギま!』毎週感想は、おしまいです。



赤松健先生、そしてスタッフの皆様、

9年間お疲れ様でした!










あ、気長に待っておりますので、できれば未回収の伏線の補完をお願いします。

テーマ : 魔法先生ネギま!
ジャンル : アニメ・コミック

2012-03-14 : 魔法先生ネギま!(各話感想) : コメント : 2 : トラックバック : 3
Pagetop
Idus Martiae «  ホーム  » ネギま!「最終回を迎える前にひと言」
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ネギま!関連サイト巡回(2012/03/14)
■「方丈にて徒然なるままに」さん「ネギま!「355時間目」(最終回)」 方丈にて徒然なるままに ネギま!「355時間目」(最終回) さすがに長文ですね! 『いいんちょは、「常に」「ネギとアス...
2012-03-14 21:07 : ネギま!部屋(楊さんのページ別館)
ネギま!最終回メモ―うみねこの魔法エンドがここにあるのではないか?―そして、赤松先生面白い作品をありがとうございましたぁぁぁぁ!(という話)
ツイート !function(d,s,id){var js,fjs=d.getE
2012-03-15 00:37 : わたしは趣味を生きる。[ラノベ・音楽中心]
ネギま!355時間目(最終話)の感想
2012年 マガジン15号の355時間目の感想です! ついにネギまの連載が終了してしまいました! しかし、今回のネギま!は扱いが小さかったなぁ… 君町が表紙&巻頭カラーで一挙3話もやる号に最終回だもんな...
2012-03-18 08:12 : 時雨の製作日記
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
続きそうな所で終わったのではなく、中間を省いて結果だけ描いたので
投げっぱなしというより省略が大きすぎるというのが正確な表現だと思います。
「BLOODY MONDAY」のラストシーズンが非常に物足りない内容だった事も
そうですが長期連載作品が最後まで魅力を持続できないのは残念です。
この結末そのものは残念ですが、赤松氏の漫画のラブコメ要素に関しては
「ラブひな」の時点で既にほぼ完成していたと思うので漫画家として先に進むため
作品にラブコメ以外の要素を取り入れようとした試みは評価したいです。
惜しむらくはシリアス面やバトル要素を扱いきれなかった事とメディア展開が
失敗に終わった事でしょうか? 次の作品でもバトルに挑戦するなら途中からではなく
初期からバトル要素とシリアス面を入れるようにしてほしいです。
それからメインキャラの女性比率が高すぎる事とハーレム展開というか、
女性キャラの大半が主人公一人に恋愛感情を向ける展開は少々設定やシナリオを
工夫してもやはり長期連載やシリアスなドラマ展開とは両立できないと思います。
ラブコメ要素は赤松市の最大の持ち味だからなくして欲しくはないですが、
長期連載をやるつもりならハーレム系ではなく多カップル系が望ましいと思います。
多カップル系なら主人公以外の男性キャラも活躍させないといけないので
男女の登場比率が偏りすぎないし、カップルが多ければラブコメのパターンも
増やせてマンネリを防げるのではないでしょうか?
これからはもっともっと多カップル系の作品が増えるべきだと私は考えています

2012-03-24 23:50 : 語り部 URL : 編集
Re: No title
>語り部さん

コメントありがとうございます。

「過程を飛ばして結末だけ描いた」という意味では、確かに省略と言えるかもしれませんね。
しかし、例えばネギの母アリカの安否について、最後まで一言も触れることなく終わってしまったことや、当初明らかにネギ達に敵対行動をとっていた墓所の主が、「その少年に賭けてみたくなった」と言って完全なる世界と袂を別ったものの、それっきり全く登場しなかったことなどについては、伏線の投げっ放しと言うべきだと、私は思っています。

ラブコメについては、赤松先生自身、ALNの日記だったと思いますが、「自分には『ラブひな』以上のラブコメは描けない」「同じジャンルの作品を続けて描きたくない」という主旨のことを書いておられたので、実は『ネギま!』は、もともと(編集部や読者がどう見ていたかは別として)ラブコメとして捉えていなかったのではなかったのではないかと思ったりしています。

多カップル系ラブコメよりもハーレム系ラブコメが多いのは、ハーレム系の需要が大きいということもさることながら、実は多カップル系を描くための技術的ハードルが高いということが理由としてあるのではないかと、個人的には考えています。
何故、多カップル系がハードルが高いと考えているかと言いますと、出すカップルのそれぞれに、それなり以上の人気を獲得できるだけのキャラクター付けを用意しなければならないからです。
多カップル系の場合、一人のキャラクターとしての人気もさることながら、カップリング自体の人気も意識して描かねばならず、その管理の難しさは並大抵ではないのではないかと思います。
2012-03-25 14:37 : 筈木 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。