スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『男子高校生の日常』を観終わった

今日は風が騒がしいな。

でも少しこの風泣いています。


そこのコンビニ、ポテト半額だってよ!



はい、これはとても面白かったです。

特に、文学少女シリーズが。
それこそ、“文学少女のテーマ曲”が流れるだけで、条件反射的に笑ってしまうレベルで。

あー、文学少女の出てくるエピソードだけ抽出して、『男子高校生と文学少女』というタイトルでBDかDVDを出して欲しいなー(笑)。
もちろんテーマ曲は、第1話の“EDが間に合いませんでしたバージョン”で。

何だか、普通の2話収録のBD/DVDより、よっぽど売れそうな気がするのは、私だけですかね。
間違いなく、私は出れば購入を検討しますよ?

あと『男子高校生徒会とりんごちゃん』とかも。

タイトルは『男子高校生の日常』なんですけれど、女子のキャラクターが総じて可愛かったですね。
決して萌えるキャラではないのだけれども、可愛い。


しかし、このアニメを観ていて、改めて気づいたのですが、男子高校生って実は“隙間産業”のような存在だったんですね。
そもそも、女子高生という単語は一般的ですが、男子高生という単語は一般的ではありませんしね。
現にこの作品のタイトルも『男子高生の日常』ですしね。
Cパート扱いの番外編『女子高生は異常』は、男子高校生の裏を行く話のはずなのに『女子高生は異常』ではなく、あくまでも『女子高生』で、タイトルがシンメトリーになっていませんしね。

この作品自体が、まさに“そこ”にこそ着目した作品だということなのでしょうけれど。


しかし、そんな小難しい話はどうでも良く、いちいちギャグがキレていて面白かったと思います。





それは悲しくて泣いているんじゃない。嬉しい時だって泣くだろう。
急ごう風がやむ前に。

テーマ : 男子高校生の日常
ジャンル : アニメ・コミック

2012-03-28 : 徒然(アニメ・漫画2012) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。