スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ちょっとだけ感想

およそ半年のご無沙汰でございます。

落ち込むこともあるけれど、私は元気……なような気がしないでもありません。

8月のチケット先行発売で、公開初日のチケットの入手していたので、ネタバレの心配をすることなく観てくることができました。

公開初日で、いきなりネタバレ全開の感想を書くのは、さすがに気がひけますが、かといって、折角観てきた熱量を全く放出しないのも、もったいないので、具体的ではなく漠然とした感想を書き留めておこうかと思います。

いや、いきなりぶっ飛んでいて面食らいました。
これでは、昨日のテレビ版『破』で、次回予告を流せないのも道理というものです。

「本当は『破』と『Q』の間に『急』があるんだろ? そうなんだろ?」という感じですね(笑)。


それにしても『破』の持っていたカタルシスを一気に醒ましてくれましたね、『Q』は。

新劇場版の製作がが発表された当初、3部(『急』)と完結編(『?』)は、同時上映とアナウンスされていて、その話を知って「これは、『急』もしくは『?』のどちらかを、単体で上映すると観客から石でも投げられかねないような内容にするつもりだな」とか、思っていたものなのですが、ものの見事にそんな感じの内容でしたよ。

まあ、もしも『エ(ヱ)ヴァ』に、「とことんシンジ君をヒドイ目にあわせる」とかいうコンセプトがあるのだとしたら、ある意味で完璧な出来と言えるのかも知れませんが。

私としては、かなりフラストレーションが溜まる内容だったので、完結編は確実に2013年中にやって欲しいものです。
ヱでもヲでも新でも無いヤツ。





↓ネタバレにつき反転(笑)

実は、ミサトさんが再び自分より年上になっていて、ちょっと嬉しかったりする。


テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版
ジャンル : アニメ・コミック

2012-11-17 : 徒然(アニメ・漫画2012) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは
お世話になっておりますー
記事と関係ない宣伝すいません
今年もアニメアウォーズの企画を開催しましたのでよろしければぜひまた参加おねがいします!
ではでは
2012-12-24 19:59 : おちゃつ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

プロフィール

筈木 壮月

Author:筈木 壮月
筈木壮月と申します。筈木とお呼びください。

屋根裏(Twitter)

web拍手ボタン

カウンター

Since 2007.1.14

現在の閲覧者数

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

入っているみたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。